脆弱性スキャンは既存のITプロセスの根幹をなす位置付けに(東陽テクニカ) | ScanNetSecurity
2021.09.18(土)

脆弱性スキャンは既存のITプロセスの根幹をなす位置付けに(東陽テクニカ)

東陽テクニカは、米Tenable Network Securityが脆弱性スキャナ「Nessus v6」をリリースしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社東陽テクニカは11月20日、米Tenable Network Securityが脆弱性スキャナ「Nessus v6」をリリースしたと発表した。同社では、IT環境は常に成長し急激に変化するため、組織が安全かつ基準にのっとったシステムを維持することは困難を極める。この状況において、脆弱性スキャンはこれまでのスポット的な運用から、既存のITプロセスの根幹をなす位置付けになりつつあるとしている。そこで新バージョンのテーマとして、「システム強化ポリシーを適用し攻撃面を減らす」「マルウエアをリアルタイムに可視化」「モバイルデバイスの評価と可視化」の3点を挙げている。

これらを実現するため、スキャン設定のための12種類のテンプレート、100以上のシステム強化のガイドラインを用意した。また、セキュリティ&コンプライアンスポリシーの編集、適用が可能なほか、Nessusを管理システムに統合するための新しいAPI仕様「Nessus RESTful API」を搭載した。GUIも直感的に操作できるようリニューアルされた。これらによりユーザは、脆弱性とマルウェアの検知を容易に実行し、推測や勘に頼ったセキュリティとコンプライアンスの持続的な設定に時間をかける必要がなくなるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×