改ざん検知と変更管理ソリューションをクラウド環境で提供(東芝情報システム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

改ざん検知と変更管理ソリューションをクラウド環境で提供(東芝情報システム)

東芝情報システムは、トリップワイヤ・ジャパンの改ざん検知パッケージ「Tripwire Enterprise」をクラウドサービス「dynaCloud 改ざん検知 plus」として販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
東芝情報システム株式会社は11月17日、トリップワイヤ・ジャパン株式会社の改ざん検知パッケージ「Tripwire Enterprise」をクラウドサービス「dynaCloud 改ざん検知 plus」として販売を開始したと発表した。本サービスは、情報漏えいの原因の中でも大きな脅威となる「悪意のある不正ソフトウェア」の対策となるもの。

本サービスは、Tripwire Enterpriseをベースに、改ざん検知と変更管理ソリューションをクラウド環境で提供する。監視サーバをクラウド環境上に置くことで、初期導入費用と運用管理費用を低減するほか、短期間での運用開始が可能となる。さらに、トリップワイヤ・ジャパンのクラウドベース脆弱性スキャン「Tripwire PureCloud」と組み合わせることで、より強力なセキュリティソリューションとして利用できる。同社では今後、クラウドサービスを含めたセキュリティ事業で年間10億円の売上を目標に拡販していくという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×