米国政府が「第二のスノーデンかもしれない人物」を探している―レポート~待て、この文書を我々が編集したとき、エドワードはここにいなかった(The Register) | ScanNetSecurity
2023.02.06(月)

米国政府が「第二のスノーデンかもしれない人物」を探している―レポート~待て、この文書を我々が編集したとき、エドワードはここにいなかった(The Register)

この事件は「The Intercept」が 8 月に公開した記事に端を発するものだ。その記事は、米国政府の警戒リストのデータベースに載っている人々の半数近くが「テロリストとの関わりがまったく認められない人々」であったことを明かしている。

国際 TheRegister
米国政府の「テロリスト警戒リスト(ウォッチリスト)」に関する機密文書を、ジャーナリスト Glenn Greenwald に渡した「第二の情報漏洩者」であるとして、米国政府の契約業者に勤務する一人の人物に嫌疑がかけられている、と最近のメディアが報じている。

伝えられるところによると、すでに FBI は容疑者宅を捜索し、刑事事件として扱っているという。それらの情報は、名前の明かされていない法執行機関、および情報筋の人物である Michael Isikoff ――彼は、この話題を初めて Yahoo News で伝えた――の報告によるものだ。この報告によれば、司法省のトップの役人たちは「メディアへの不正な情報公開について、刑事責任を問うことに消極的である」という――それは「情報漏洩に対する調査で利用された昨今の(政府の)戦術」が批判に晒されているためだ。バラク・オバマが大統領に就任してから最初の 5 年間で、国家安全保障上での情報漏えいに関する 7 つの刑事訴追が扇動されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×