米国のモバイルネットワークが iMessage のスパムで溢れかえる~iSpam の偽ブランドグッズ販売(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

米国のモバイルネットワークが iMessage のスパムで溢れかえる~iSpam の偽ブランドグッズ販売(The Register)

また、iMessage を利用したジャンクメールの送信は、活発に利用されている(ホットな)iPhone の電話番号のリストを作り出す手段も提供する。そしてスパマーたちは、そのリストを他の詐欺師たちに販売することもできる。

国際 TheRegister
中国に拠点を置く偽造者たちは、従来のスパムメールを利用する代わりに、Apple の iMessage を利用して、有名ブランドの複製品のスパム広告を発信している。

iMessage が、「今年最大の米国のモバイルスパム活動」による打撃を受け続けている。メッセージセキュリティ企業 CloudMark によると、この数か月前から始まっている活動の規模は、米国で問題を報告されたモバイルメッセージ全体の 80 %以上の原因を占めるのに充分となるほど巨大だという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×