Tor の出口ノードがダウンロード時にマルウェアを混ぜ込む~Windows Update のハッカーは Microsoft FixIt に守られる(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

Tor の出口ノードがダウンロード時にマルウェアを混ぜ込む~Windows Update のハッカーは Microsoft FixIt に守られる(The Register)

Tor プロジェクトのメンバー Roger Dingledine は、ネットワーク上の悪者として、その出口ノードにフラグを立てた。だが、そのことは、100 以上の出口ノードから「模倣した攻撃」が行われるのを実質的に防ぐ措置ではない。

国際 TheRegister
匿名化ネットワーク Tor からユーザーが退出し、公共のウェブへ接続する際、ダウンロードファイルにマルウェアを滑り込ませる Tor の出口ノードが見つかった。

Leviathan Security Group の研究者 Josh Pitts が、このロシアを拠点とした「バイナリを侵害するノード」を発見したのは、この攻撃が起こりえるという懸念が持ち上がってから、わずか 1 か月後のことだった。

「安全化されていないバイナリへ、いかに簡単に『ユーザーを危殆化するためのパッチ』を当てることができるか」を実証するための研究ツール Backdoor Factory を作成した彼は、その最も大きなリスクが Windows Update の危殆化にあると述べた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×