ID データベースのハッキングを受けた韓国、10 億ドルのオーバーホールを検討~アジアのインターネットの父が「手立てなし」と警告(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

ID データベースのハッキングを受けた韓国、10 億ドルのオーバーホールを検討~アジアのインターネットの父が「手立てなし」と警告(The Register)

「この住民の登録番号が『異なる分野を横切って』使用されているため、その番号はハッカーたちにとって、『あらゆるドアを開き、尊大な犠牲者の個人情報を丸ごと盗めるマスターキー』になっている」

国際 TheRegister
韓国政府が、ID 番号のコンピュータシステムの完全なオーバーホールを検討している――ハッカーがそのシステムを徹底的に略奪した現在、同国の人口の 80 %にあたる ID コードが、彼らに掴まれているためだ。

韓国の市民はそれぞれ、生涯有効の一意的な ID 番号を発行されている。この番号はあらゆる手続きで利用されており、また、そのシステムは 1960 年代の後期から採用されてきた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×