デジタル・フォレンジック・コミュニティ2014 in TOKYO開催(デジタル・フォレンジック研究会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

デジタル・フォレンジック・コミュニティ2014 in TOKYO開催(デジタル・フォレンジック研究会)

デジタル・フォレンジック研究会は、12月8日および9日に「第11回デジタル・フォレンジック・コミュニティ2014 in TOKYO」を東京都新宿区のホテル グランドヒル市ヶ谷において開催する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
デジタル・フォレンジック研究会は、12月8日および9日に「第11回デジタル・フォレンジック・コミュニティ2014 in TOKYO」を東京都新宿区のホテル グランドヒル市ヶ谷において開催する。テーマは「ビッグデータ時代のデジタル・フォレンジック - 予兆把握・自動処理に向けて」。ビッグデータに焦点をあて、技術と法の両面から識者が議論する。定員は300名、参加費用は同研究会の正会員が10,000円、一般が15,000円などとなっている。申し込みはWebフォーム、メール、FAXで受け付ける。

基調講演は、立命館大学 情報理工学部 情報システム学科の教授である上原哲太郎氏による「ビッグデータを巡る諸問題~フォレンジック的な観点から~」、および情報セキュリティ大学院大学の教授である林紘一郎氏による「サイバーセキュリティ戦略本部の発足とフォレンジック」。省庁講演として、警察庁情報通信局 高度情報技術解析センター所長である野本靖之氏による「ビッグデータに対する警察の取組状況」が行われるほか、DELL SecureWorksの谷口浩氏による招待講演、日本オラクルの下道高志氏による海外事例報告、研究会による複数のパネルディスカッションも行われる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×