TripAdvisor のサイトでデータ侵害、80 万人のユーザーのカードデータが漏洩した可能性も~Viator「来た、見た、盗まれた」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

TripAdvisor のサイトでデータ侵害、80 万人のユーザーのカードデータが漏洩した可能性も~Viator「来た、見た、盗まれた」(The Register)

国際 TheRegister

TripAdvisor のツアー予約やレビューのウェブサイト「Viator」が、データ侵害の被害を受けた。

この侵害によりカードデータが危殆化された可能性があることを同社は認めている。推定 140 万人の Viator の顧客が、その影響を受けた可能性がある。

さらに、この侵害でメールアドレス、パスワード、また Viator アカウントにリンクした「ニックネーム」がばら撒かれた可能性もある。クレジットカード詐欺の事件を調査していた調査員たちが、「この事件の犠牲者たちは同サイトのユーザーでもある」ということを関連づけるまでの間、Viator は侵害されていることに気づいていなかった。

そのデータ侵害の規模を確認するべく、Viator はセキュリティ専門家たちに援助を要請した。一方、同社が声明で説明しているように、Viator はこのセキュリティ問題を顧客に通知し始めている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×