TripAdvisor のサイトでデータ侵害、80 万人のユーザーのカードデータが漏洩した可能性も~Viator「来た、見た、盗まれた」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

TripAdvisor のサイトでデータ侵害、80 万人のユーザーのカードデータが漏洩した可能性も~Viator「来た、見た、盗まれた」(The Register)

「PCI DSS のセキュリティ要件が要求しているのは『カードデータの基礎的な保護』だ。しかし企業は、コンプライアンスを遵守するだけで侵害のリスクから身を守ることはできない」

国際 TheRegister
TripAdvisor のツアー予約やレビューのウェブサイト「Viator」が、データ侵害の被害を受けた。

この侵害によりカードデータが危殆化された可能性があることを同社は認めている。推定 140 万人の Viator の顧客が、その影響を受けた可能性がある。

さらに、この侵害でメールアドレス、パスワード、また Viator アカウントにリンクした「ニックネーム」がばら撒かれた可能性もある。クレジットカード詐欺の事件を調査していた調査員たちが、「この事件の犠牲者たちは同サイトのユーザーでもある」ということを関連づけるまでの間、Viator は侵害されていることに気づいていなかった。

そのデータ侵害の規模を確認するべく、Viator はセキュリティ専門家たちに援助を要請した。一方、同社が声明で説明しているように、Viator はこのセキュリティ問題を顧客に通知し始めている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×