古くて新しい課題、電子メールのセキュリティ管理を考えるカンファレンス開催(ナノオプト・メディア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

古くて新しい課題、電子メールのセキュリティ管理を考えるカンファレンス開催(ナノオプト・メディア)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

株式会社ナノオプト・メディアは10月3日東京で、Eメールのセキュリティ対策をテーマとした専門カンファレンス「Email Security Conference 2014」を開催する。ヒューマンエラーによる個人情報漏えいの原因は、依然としてメール誤送信が上位を占めているほか、「やりとり型攻撃」などの新しい標的型攻撃の多くも電子メールを攻撃要素としている。

こうした古くて新しい電子メールのセキュリティ周辺の課題が、内閣官房 情報セキュリティセンター 谷脇康彦氏による基調講演「我が国のサイバーセキュリティ戦略」の他、ニフティ株式会社 加瀬正樹氏の「迷惑メール最新動向とメールサービス事業者の取り組みについて」、株式会社インターネットイニシアティブ 須賀祐治氏の「二度あることは三度ある:今年OpenSSLに起こったこと」、NTTコミュニケーションズ株式会社 高田美紀氏による「知らないでは済まされない「本当は怖いDNS」の話」他、全19のセッションで検討される。
《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×