Comcast は Wi-Fi ホットスポットから JavaScript で広告を注入する~同社の主張「それは広告ではなく『ウォーターマーク』だ」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.26(火)

Comcast は Wi-Fi ホットスポットから JavaScript で広告を注入する~同社の主張「それは広告ではなく『ウォーターマーク』だ」(The Register)

国際 TheRegister

Comcast が、同社のパブリック Wi-Fi ネットワークにサインアップしたユーザーのコンピュータ上で、広告の表示を開始した――同社は、このサービスを表現する際、「ウォーターマーク(Watermark、透かし)」という用語が利用されることを好んでいるようだが。
(編集部註:ここで言うウォーターマークは、不可視的なウォーターマークではなく、画像の著作権表記やテレビのロゴ表示などで見られるような可視的な「透かし」を意味している)

その ISPは、米国中で 350 万以上の Wi-Fi ホットスポットを運営している。自宅(あるいは職場)でのインターネット利用を目的に申し込みをする人々は、「その建物の外でのアクセス取得」を契約に追加することができる。そして、彼らがその Wi-Fi オプションを選択すると、Comcast はそのデータフローに短いポップアップのメッセージを追加する。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×