NATO 加盟国は「一国へのサイバー攻撃を、全体への攻撃として対処する」~それが深刻な攻撃で、攻撃元も判明している限りは(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

NATO 加盟国は「一国へのサイバー攻撃を、全体への攻撃として対処する」~それが深刻な攻撃で、攻撃元も判明している限りは(The Register)

国際 TheRegister

NATO がサイバー防衛の新しい政策に同意する準備を整えている。この新しい政策は、あらゆる NATO 加盟国に対する深刻なサイバー攻撃を「従来的な軍事攻撃に等しい攻撃」と見なし、同盟国の集団防衛条項に訴えるものとなる可能性がある。

「Article V」は、ひとつの同盟国に対する攻撃を「全体への攻撃」と見なす NATO 条約の集団的自衛条項である。このルールをサイバースペースに広げることが、今週末(編集部註:2014 年 9 月第 1 週)ウェールズの Cardiff で開かれる NATO サミットの検討課題になっている、と New York times が報じた

軍事戦略家たちは、サイバースペースを「戦争の第 5 の領域」と考えている――それは「陸、海、空、宇宙」の 4 つに続くものだ。サイバースペースへのルールの拡大は、ロシアに送られるメッセージとなるだろ。ロシアは 2007 年、市民が混乱する中、バルト三国の銀行業務と遠距離通信のシステムを粉砕してエストニアを攻撃したこと、ならびに、その 1 年後にグルジアで地上戦を伴うサイバー攻撃を行ったことにより批難されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×