「Firefox 32.0」をリリース、パスワードマネージャの性能が向上(Mozilla Japan) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

「Firefox 32.0」をリリース、パスワードマネージャの性能が向上(Mozilla Japan)

 Mozilla Japanは3日、WebブラウザFirefoxの最新版「Firefox 32.0」をリリースした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 Mozilla Japanは3日、WebブラウザFirefoxの最新版「Firefox 32.0」をリリースした。

 デスクトップ版では、新しいHTTPキャッシュ「v2」が標準で有効になり、ページ閲覧の際のパフォーマンスが向上。世代別ガベージコレクション(GC)も統合された。また、パスワードマネージャでのログインに関するメタデータ閲覧、検索ツールバーでの検索結果の件数表示などにも対応した。パスワードマネージャとアドオンマネージャの性能も向上している。そのほか、いくつかのセキュリティ問題にも対応している。ただしWindows XPにおいては、支援機能がパフォーマンス上の問題を起こす場合があることが、未解決だという。

 Android版では、新HTTPキャッシュ、世代別GC統合のほか、ブラウザを終了することなく、利用する55言語を切り替え可能となった。また履歴パネルから履歴を消去できるようになった。ホーム画面ページのカスタマイズ機能も強化されている。

 Firefoxは、2011年6月より6週間ごとの定期的な高速リリースサイクルを採用している。

最新版「Firefox 32」公開……新しいHTTPキャッシュを採用

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×