マルウェアがアンチウイルスから逃れる手法を研究者が詳述~「奴らが来るぞ、席に戻れ!」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

マルウェアがアンチウイルスから逃れる手法を研究者が詳述~「奴らが来るぞ、席に戻れ!」(The Register)

国際 TheRegister

「研究者を挫折させるために、マルウェアが利用している複数の回避戦術」を、研究者である James Wyke が発見した。

それらの戦術は、マルウェア作者たちが技術的なアイテムを得るために利用している驚くべき一連の手法の一部で、「犠牲者が利用するコンピュータ」と「マルウェア研究者が利用するコンピュータ」を区別できるようにするものだった。

そのマルウェアがホワイトハット(善玉)の研究者たちのマシンに届けられたとき、それは確実に黙り込まなければならないようになっていた。その一方で、マルウェア作者が犠牲者のマシンを感染させるとき――それがアンチウイルスソフトに検出されない限り――は、多少騒々しく活動することができた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×