ハッカーなんかいらない?「Password1」レベルの怠惰なパスワードが 3 社に 1 社のドアを開く~GPU を利用したペネトレーションテストがもたらす、防御とパスワードの「さらに悪いニュース」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

ハッカーなんかいらない?「Password1」レベルの怠惰なパスワードが 3 社に 1 社のドアを開く~GPU を利用したペネトレーションテストがもたらす、防御とパスワードの「さらに悪いニュース」(The Register)

IT 管理者には、慣習的なパスワードリセットの強要を止めるよう強く求める。なぜなら、この研究結果は、それを強要されたユーザーがますます脆弱なコードを選ぶということを示しているからだ。

国際 TheRegister
ハッシュ化されていた数十万件もの企業のパスワードが、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)を利用したペネトレーションテストで、数分以内にクラックされた。

Trustwave の情報セキュリティのギークたちが、企業国家アメリカの全域で行った過去 2 年間の侵入テストで、626,718 件のパスワードが収集された。

奪われたパスワードの半数は「最初の数分」でクラックされたと、同社の脅威インテリジェンスマネージャ Karl Sigler は、記事の中で語っている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×