PC を感染させるため、ハッカーは USB ドライブを再プログラムする~BadUSB がガジェットのチップに指示するのは、キー操作情報の送り込みと、トラフィックのリダイレクトと…(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

PC を感染させるため、ハッカーは USB ドライブを再プログラムする~BadUSB がガジェットのチップに指示するのは、キー操作情報の送り込みと、トラフィックのリダイレクトと…(The Register)

国際 TheRegister

研究者たちが、一部のフラッシュドライブの内部にあるファームウェアを、悪性コードで再プログラムすることができたと語った――それはガジェットのマイクロコントローラによって実行されるコードで、犠牲者に気づかれぬまま、最終的にはマルウェアを PC にインストールする、あるいはネットワークトラフィックをリダイレクトする。

ドイツのセキュリティチーム SR Labs の Karsten Nohl と Jakob Lell は、特定の USB デバイスに埋め込まれたマイクロコントローラとソフトウェアの分析に数ヶ月を費やした。彼らは Flash ROM の中に、今日のアンチウイルスツールでは検知できないマルウェアを、確実に隠せることが明らかになったと語った――それは非常に、非常に効果的なものだ。

我々が聞かされたところによると、彼らの邪悪なソフトウェア(彼らは、それを BadUSB と呼んでいる)は、特定のフラッシュメモリの中だけではなく、サポートされた、あるいは互換性を持ったマイクロコントローラを有しているものであれば、何にでもインストールすることができるという。あなたが彼らと同様に、ファームウェアを再プログラムするためのツールと腕前を持っている場合を除けば、それをデバイスから取り除くことは不可能だ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×