PSN ハッキングに関する集団訴訟、Sony は 1,500 万ドルの現金とゲームで退けたい~盗まれたアイデンティティは 1 件 2,500 ドル(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

PSN ハッキングに関する集団訴訟、Sony は 1,500 万ドルの現金とゲームで退けたい~盗まれたアイデンティティは 1 件 2,500 ドル(The Register)

国際 TheRegister

PlayStation Network(PSN)が総合的に侵害された Sony は、ゲーマーたちに 1,500 万ドル(編集部註:約 15 億円)での和解を申し出た。しかし同社は、自身に過ちがあったと認めることを拒否している。

2011 年 4 月、ハッカーが PSN のシステムに侵入し、情報を得る目的でユーザーアカウントを略奪したことを受け、その日本の大企業は PSN のシャットダウンを余儀なくされた。クレジットカードの情報は保護されていたものの、7,700 万人のユーザーの個人アカウント情報は危殆化され、また、すべての PSN のサービスが復旧するまでにほぼ 2 か月が費やされた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×