PSN ハッキングに関する集団訴訟、Sony は 1,500 万ドルの現金とゲームで退けたい~盗まれたアイデンティティは 1 件 2,500 ドル(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

PSN ハッキングに関する集団訴訟、Sony は 1,500 万ドルの現金とゲームで退けたい~盗まれたアイデンティティは 1 件 2,500 ドル(The Register)

これらは先着順に配布される予定で、配布物の価値が 600 万ドル(編集部註:約 6 億円)に達したとき、Sony は PlayStation Plus の 1 か月分の無料メンバーシップの提供のみに切り替える予定を立てている。

国際 TheRegister
PlayStation Network(PSN)が総合的に侵害された Sony は、ゲーマーたちに 1,500 万ドル(編集部註:約 15 億円)での和解を申し出た。しかし同社は、自身に過ちがあったと認めることを拒否している。

2011 年 4 月、ハッカーが PSN のシステムに侵入し、情報を得る目的でユーザーアカウントを略奪したことを受け、その日本の大企業は PSN のシャットダウンを余儀なくされた。クレジットカードの情報は保護されていたものの、7,700 万人のユーザーの個人アカウント情報は危殆化され、また、すべての PSN のサービスが復旧するまでにほぼ 2 か月が費やされた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×