データセンター向けセキュリティゲートウェイ2製品をラインアップに追加(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.23(日)

データセンター向けセキュリティゲートウェイ2製品をラインアップに追加(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、データセンター向けセキュリティゲートウェイの新製品2種「Check Point 13800アプライアンス」および「Check Point 21800アプライアンス」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は8月4日、データセンター向けセキュリティゲートウェイの新製品2種「Check Point 13800アプライアンス」および「Check Point 21800アプライアンス」を発表した。前者はCheck Point 13000アプライアンス・シリーズに、後者はCheck Point 21000アプライアンス・シリーズにラインアップとして追加される。価格はそれぞれ1,733万円および2,363万円。

Check Point 13800アプライアンスは、性能面では最大で3,800 SecurityPower Units(SPU)、実運用環境でのIPSスループット6.5 Gbpsのパフォーマンスを発揮する。一方、Check Point 21800アプライアンスは最大で4,300 SPU、実運用環境でのIPSスループット7 Gbpsを達成するほか、ミッション・クリティカルなネットワーク環境で要求される低遅延を実現する。また、運用管理コストを最小限にするための高い信頼性と保守性を提供するとしている。

両アプライアンスは、複数のセキュリティ防御を統合する「Next Generation Firewall」「Next Generation Threat Prevention」「Next Generation Data Protection」「Next Generation Secure Web Gateway」という4つの事前定義されたセキュリティ・パッケージにより、要件に沿った多層防御のセキュリティが導入可能となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×