データのライフサイクル全体を保護するソリューションを刷新(日本HP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

データのライフサイクル全体を保護するソリューションを刷新(日本HP)

日本HPは、ライフサイクル全体でデータを守るための新しい暗号化機能と情報保護および制御ソリューションを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は7月28日、ライフサイクル全体でデータを守るための新しい暗号化機能と情報保護および制御ソリューションを発表した。新しい「HP Atallaソリューション」(HP Atalla)は、保存中、移動中、使用中のいずれの場合も、クラウド、オンプレミス、およびモバイル環境内のデータをサポートし、組織にとって最も機密性の高い情報を暗号化によって永続的に保護するソリューション。

また、「HP Secure Encryption」を「HP Enterprise Secure Key Manager 4.0(HP ESKM 4.0)」と併用することで、暗号化制御を統一して自動化し、機密データへの不正アクセスを防止できる。「HP ESKM 4.0」は一貫したセキュリティコントロール、鍵サービスの自動化、管理の一元化により、分散インフラストラクチャでの暗号化鍵の管理コストと手間を軽減する。「HP ProLiant Gen 8 Servers」を含むHPハードウェアとの統合も容易で、サーバパフォーマンスを低下させることなく、暗号化鍵の安全性確保と管理を行うことができるとしている。「HP ESKM 4.0」は「OASIS Key Management Interoperability Protocol(KMIP)」にも完全に対応しており、オープンスタンダードに基づき暗号化鍵を管理します

数分で導入可能な「HP Atalla Cloud Encryption」では、暗号化中に鍵の結合と分割を行うスプリットキーという方法で暗号化を行い、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウド環境における暗号化と鍵管理の手間を軽減。さらに、「HP Enterprise Secure Key Manager」と統合することで、FIPS 140-2 Level 2認証済みのセキュリティアプライアンスを使用して、オンプレミスで自動的にマスターキーを管理、保護することができる。ビジネスプロセスに簡単に組み込むことができ、データのライフサイクルの各段階で企業の機密データを保護する「HP Atalla Information Protection and Control(IPC)」ソフトウェアも発表した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×