サプライズ! NSA 初の透明性レポートは少しも「透明性」の「レポート」ではない~スパイはスパイを行い……辞書の書き換えもする(The Register) | ScanNetSecurity
2023.02.08(水)

サプライズ! NSA 初の透明性レポートは少しも「透明性」の「レポート」ではない~スパイはスパイを行い……辞書の書き換えもする(The Register)

NSA は 2013 年、外国情報監視法(FISA)702 節の下、わずか一度の指令を発しただけで 89,138 の標的――それが個人であろうが企業であろうが国家であろうが――の監視を可能とした。

国際 TheRegister
米国家情報長官 James Clapper が、NSA にとって初の「透明性レポート」を発表し、同機関によってスパイされた「標的」の数を明らかにした。

しかし、この「透明性」という言葉の定義が、データの推測をいくらか困難にしている。

「Intelligence Community 内では、『標的』という言葉が複数の意味を持っている」と、本日(編集部註:2014 年 6 月 27 日)発表されたそのレポート(PDF)には記されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×