サプライズ! NSA 初の透明性レポートは少しも「透明性」の「レポート」ではない~スパイはスパイを行い……辞書の書き換えもする(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

サプライズ! NSA 初の透明性レポートは少しも「透明性」の「レポート」ではない~スパイはスパイを行い……辞書の書き換えもする(The Register)

NSA は 2013 年、外国情報監視法(FISA)702 節の下、わずか一度の指令を発しただけで 89,138 の標的――それが個人であろうが企業であろうが国家であろうが――の監視を可能とした。

国際 TheRegister
米国家情報長官 James Clapper が、NSA にとって初の「透明性レポート」を発表し、同機関によってスパイされた「標的」の数を明らかにした。

しかし、この「透明性」という言葉の定義が、データの推測をいくらか困難にしている。

「Intelligence Community 内では、『標的』という言葉が複数の意味を持っている」と、本日(編集部註:2014 年 6 月 27 日)発表されたそのレポート(PDF)には記されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×