サプライズ! NSA 初の透明性レポートは少しも「透明性」の「レポート」ではない~スパイはスパイを行い……辞書の書き換えもする(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

サプライズ! NSA 初の透明性レポートは少しも「透明性」の「レポート」ではない~スパイはスパイを行い……辞書の書き換えもする(The Register)

国際 TheRegister

米国家情報長官 James Clapper が、NSA にとって初の「透明性レポート」を発表し、同機関によってスパイされた「標的」の数を明らかにした。

しかし、この「透明性」という言葉の定義が、データの推測をいくらか困難にしている。

「Intelligence Community 内では、『標的』という言葉が複数の意味を持っている」と、本日(編集部註:2014 年 6 月 27 日)発表されたそのレポート(PDF)には記されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×