米連邦取引委員会、不法なロボコール業者の摘発に DEFCON の助けを求める~賞金制のハニーポットコンテストを 8 月に開催予定(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

米連邦取引委員会、不法なロボコール業者の摘発に DEFCON の助けを求める~賞金制のハニーポットコンテストを 8 月に開催予定(The Register)

「残念ながら、電話とメールには技術的な違いがある。その違いのおかげで、インターネットセキュリティの戦術を、ロボコールとの戦いに利用することは困難だった。我々は、この状況を変えたいと望んでいる」

国際 TheRegister
Federal Trade Commission(米連邦取引委員会、以下 FTC)は、ラスベガスで開催される今年の DEFCON ハッキングカンファレンスにて、賞金制の競技会を開催しようとしている。その目的は、ロボコール業者を引きつけ、彼らの遮断法を技術者たちが分析できるようにするためのハニーポットを、将来的に構築することだ。

「ハニーポットは、情報セキュリティの専門家たちの間で広く使用されてきた。しかし今日までのところ、それらに関する専門知識を、電話によるスパム行為と戦うための取り組みに掛け合わせるには限界があった」と同機関は語った
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×