「niconico」で発生した不正ログイン被害について最新情報を発表、被害総額は173,713円に(ドワンゴ、ニワンゴ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

「niconico」で発生した不正ログイン被害について最新情報を発表、被害総額は173,713円に(ドワンゴ、ニワンゴ)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 ドワンゴおよびニワンゴは18日、両社が運営する動画サービス「niconico」で発生した不正ログイン被害について、最新情報を発表した。

 両社は13日に、不正ログイン被害について発表済み。その時点では、不正ログイン件数219,926アカウント(ID)、不正ログイン試行回数2,203,590回、このうちニコニコポイントを不正に使用されたアカウント(ID)数19アカウント(ID)、被害総額173,610円としていた。

 今回新たな被害が見つかり、不正ログイン件数295,109アカウント(ID)、不正ログイン試行回数3,551,370回、このうちニコニコポイントを不正に使用されたアカウント(ID)数23アカウント(ID)、被害総額173,713円であることが明らかとなった。

 そのため、両社はパスワードの変更をユーザーに呼びかけていたが、今回、乗っ取り行為を受けたniconicoアカウントを所有しているユーザーに対して、運営によるログイン一時停止(パスワードの変更手続き)を実施したとしている。ユーザー本人がパスワード変更を行うまで、ログイン不可となる。

「niconico」不正ログイン、約30万アカウントが被害と判明【続報】

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×