Google「さあ世界のみんな、我々の『エンドツーエンド』の暗号化ツールを耐スパイ仕様にしてくれ~ソースコードは公開された。さっさと調べてしまおう(The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

Google「さあ世界のみんな、我々の『エンドツーエンド』の暗号化ツールを耐スパイ仕様にしてくれ~ソースコードは公開された。さっさと調べてしまおう(The Register)

Googleはソースコードを提供しているだけだ。それは Google のバグ報奨金プログラムを通して、このツールに存在するかもしれないセキュリティの欠陥を見つけ出すよう、研究者たちを奮励させるという考えである。

国際 TheRegister
Google が、安全なメール送信を手軽に行うための Chrome 用暗号化プラグインのソースコードを公開した。

その超大手ウェブ企業は、同社のエンドツーエンドの Chrome 用プラグイン(現在、試作版を開発中)が、ユーザー間のデータ通信の安全な方法を提供するだろうと語った。この手法では、ユーザーのブラウザでローカルに暗号化されたデータが、OpenPGP を利用する受取人によって復号される。そのコードは Apache 2.0 ライセンスの下に提供されている。

Google は、ウェブメールサービス Gmail に限定的なセキュリティを――そのウェブサーバを通す全ての通信に HTTPS 接続を強制することにより――提供しているが、同社の Chrome のプラグインは、(あなたが、そのプラグインをインストールして Chrome を利用する限り)他のサービスへと保護を拡大し、エンドポイントからエンドポイントまでメッセージの情報を安全化させると、検索の王者は語った。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×