128 ビット暗号化が 2 時間でクラックされたとの主張~「超特異曲線」を叩き割った研究者たち(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

128 ビット暗号化が 2 時間でクラックされたとの主張~「超特異曲線」を叩き割った研究者たち(The Register)

「地上の全てのコンピュータを利用しても、宇宙の年齢の 4 万倍の時間がかかると信じられていたにも関わらず」、そのクラッキングは、実際には 24 コアのクラスタを利用しても、たった 2 時間しかかからなかった。

国際 TheRegister
スイスの研究者たちが「128 ビットの暗号のスキームを 2 時間で解いた」と主張した。暗号研究者たちは、このセキュリティの未来型として離散対数問題(DLP)とされるものの散骨の準備を進めている。

無駄に驚かせてしまうことがないよう、The Register は、「この Arxiv における発表は、あなたが現在利用している暗号化方式が壊れているということを意味しているのではないと我々は理解している」と指摘するところから話を始めたいと思う。むしろ、このスイスの EPFL の研究者による研究は、将来的に考慮されるべき暗号の中から、「超特異曲線(supersingular curves)」に基づいた暗号を取り除くものだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×