いますぐパッチを:OpenSSL で発見された 6 件の新しいバグ――そこにはスパイ可能な欠陥が含まれている~Heartbleed を 1 とするなら、今回は 7(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

いますぐパッチを:OpenSSL で発見された 6 件の新しいバグ――そこにはスパイ可能な欠陥が含まれている~Heartbleed を 1 とするなら、今回は 7(The Register)

修復されたばかりのバグを悪用する攻撃者に対抗するため、多種多様なサーバや、その他のインターネット接続したシステムをアップデートする必要があると、脆弱性管理会社 Rapid7 の Nicholas J. Percoco は語った。

国際 TheRegister
OpenSSL チームが、その広く利用されている暗号化ライブラリ(OpenSSL)に存在する 6 件のセキュリティ上の脆弱性に対処する修正を推し進めている。

これらのセキュリティホールには、暗号化された通信に盗聴を行うマンインザミドル(MITM)を可能とする欠陥や、リスク下にあるシステムに悪党がマルウェアを投下できる欠陥が含まれている。

DTLS Invalid Fragment(CVE-2014-0195、バージョン 0.9.8、1.0.0、1.0.1 に影響する)は、脆弱なアプリケーション、デバイス、サーバに悪意あるコードを注入する目的で利用される恐れがある。多くの場合、DTLS は TCP ではなく UDP の TLS 暗号化において、ビデオのライブストリームやボイスチャットなどを安全化する目的で用いられるものだ。

しかし、SSL/TLS MITM 脆弱性(CVE-2014-0224、潜在的にはすべてのクライアントと、1.0.1 および 1.0.2-beta1 を実行するサーバに影響する)は、さらに悪質である可能性が高い。OpenSSL のアドバイザリは以下のように説明している:
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×