スマホゲームアプリのクラッキング脆弱性診断サービス開始(サイファー・テック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

スマホゲームアプリのクラッキング脆弱性診断サービス開始(サイファー・テック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

DRM技術によるコンテンツ・文書保護サービスを開発提供するサイファー・テック株式会社は5月30日、スマートフォンゲームアプリ向け脆弱性診断サービスを6月から開始すると発表した。

「ゲームアプリ向けクラッキング耐性評価サービス」は、端末にアプリをインストールしてプレイするネイティブゲームを開発するゲーム会社を対象とするサービスで、ユーザーのなりすましや不正利用等、ネイティブゲーム特有のチートや改ざんの脆弱性を診断する。近年、スマートフォンの普及に伴い「パズル&ドラゴンズ」や「魔法使いと黒猫のウィズ」に見られるように、ネイティブゲームの流行が続いており、市場規模が拡大している一方で、こうしたリスクにまで適切な対策を行う企業はまだ少数派だ。

テスターがマニュアル作業を含む診断を行い、想定標準診断期間は約1ヶ月、費用は100万円から。今回のサービス化以前に、すでにネイティブゲーム開発企業の依頼を受け約100タイトルの検証をした実績があるという。

同社広報の小槻博文氏によれば、類似したサービスは多数存在するが、同社はDRM技術を用いた海賊版や不正コピー対策サービスを主力製品として保有しており、これまで、海賊版や不正コピーを行う悪質なユーザーとの戦いの歴史を積み重ねてきており、そのノウハウを活かした専門担当者による手作業を含む診断作業がサービスの差別化ポイントだという。
《水田 知里》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  5. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  6. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  9. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  10. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×