TrueCrypt は有害と考えられる――ダウンロードファイルとウェブサイトに警告「それは安全ではない」~SourceForge のディスク暗号化の寵児に起きた予期せぬ事態の謎(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

TrueCrypt は有害と考えられる――ダウンロードファイルとウェブサイトに警告「それは安全ではない」~SourceForge のディスク暗号化の寵児に起きた予期せぬ事態の謎(The Register)

TrueCrypt のコード監査プロジェクトに携わっている Kenn White は、その改ざんについて何も説明を受けていないと説明し、「我々は、いくつかの『大きな』アナウンスを今週中に発表したいと考えているので、乞うご期待」とツイートした。

国際 TheRegister
人気のドライブ暗号化ソフトウェア「TrueCrypt」のウェブサイトが、「この暗号ツールを利用しないように」と厳しく警告するページに置き換えられている。そのサイトは同ソフトウェアの新バージョン 7.2 も配布しており、それは危殆化されたものであると考えられる。

大いに秘密主義的な匿名の開発者チームによって運営されている同プロジェクトは、未知の団体にハイジャックされた恐れがある。この利便性の高いデータ保護ユーティリティは、NSA の内部告発者 Edward Snowden や彼のジャーナリスト仲間のみならず、プライバシーを考慮する多くの人々から好まれている。

水曜日(編集部註:2014 年 5 月 28 日)以降、TrueCrypt のホームページは、同プロジェクト公式の SourceForge にホスティングされているページへと、訪問者をリダイレクトする。そこには「このソフトウェアは停止中だ」という趣旨のメッセージと――「ユーザーは別の選択肢を利用しなければならない」という趣旨のメッセージが表示されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×