「Windows Azure環境のセキュリティ強化」第1弾、FIXERと協業(FIXER、トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

「Windows Azure環境のセキュリティ強化」第1弾、FIXERと協業(FIXER、トレンドマイクロ)

FIXERとトレンドマイクロは、Microsoft Azure上で稼働するサーバ向け総合セキュリティ対策製品の導入、運用サービスで協業を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社FIXERとトレンドマイクロ株式会社は5月29日、Microsoft Azure上で稼働するサーバ向け総合セキュリティ対策製品の導入、運用サービスで協業を開始したと発表した。本件は、トレンドマイクロが2月25日に発表したマイクロソフト社との「Windows Azure環境のセキュリティ強化」を受けた、第1号の導入となる。この協業により、トレンドマイクロの総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security(Deep Security)」を、FIXERが提供するMicrosoft Azureのフルマネージドサービス「cloud.config」の新サービス「Deep Security provided by cloud.config」として提供する。

本サービスは、株式会社スクウェア・エニックスが2014年3月にiOS版のサービスとして開始した、登録者数100万人を超えるスマートフォン向けゲーム「聖剣伝説 RISE of MANA」に世界初の事例として採用された。採用にあたって、オンラインゲームサービスの特性から、Microsoft Azure上でシステムが常に安定稼働することが最重要視された。FIXERにて検証した結果、Deep SecurityがMicrosoft Azure上のクラウド環境に適し、安定した稼働が実証されたこと、仮想パッチにより、脆弱性を狙った攻撃からシステムを保護し、ネットワーク上の不正な振る舞いも検知しブロックする機能や製品サポート体制が十分である点から、スクウェア・エニックス社での採用に至ったという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×