米国当局、スパイ活動の容疑で 5 名の中国人民解放軍ハッカーを指名手配~31 件の容疑で PLA ハッキングチームに訴追(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

米国当局、スパイ活動の容疑で 5 名の中国人民解放軍ハッカーを指名手配~31 件の容疑で PLA ハッキングチームに訴追(The Register)

国際 TheRegister

米国司法省が中国人民解放軍の 5 人の人物を名指しで特定した。同省の主張によると、彼らは複数の米国企業に対し、商業上の機密情報を盗む目的で 8 年間に及ぶハッキング活動を実施していたという。

「これは、サイバーの手段を用いて米国の商業的な標的に侵入した、既知の『国家の行動者』に対する初めての訴追だ」と、司法長官 Eric Holder は月曜日(編集部註:2014 年 5 月 19 日)、ワシントン DC で開かれた記者会見で語った

「この疑惑のハッキングは、(中国の)国有企業の利益、その他の中国の利益のみを目的として、このアメリカ合衆国の経済に損害を与えてきたように見えるものだ。この戦術を、米国政府は無条件に批難する」
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×