Viber の暗号化されていないデータを、研究者は容易にスラーピングする~「画像、ビデオ、位置情報などが簡単に危殆化される」と主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

Viber の暗号化されていないデータを、研究者は容易にスラーピングする~「画像、ビデオ、位置情報などが簡単に危殆化される」と主張(The Register)

このイスラエルベースの(キプロスに拠点を置いている)メッセージサービスは先日、日本の e コマースの巨人・楽天に 9 億ドル(編集部註:約 920 億円)で買収された。それは同社が「違うレベルへと」進むことを目指した買収だった。

国際 TheRegister
「Whatsapp に類似した人気のメッセージサービス Viber は、休止中にもトランジット中にも様々なデータを暗号化していないため、ユーザーがマン・イン・ザ・ミドル攻撃、およびその他の攻撃の危険に晒されている」と、セキュリティ研究者たちが警告している。

このモバイルアプリは、ユーザー同士がメッセージ、ビデオ、画像、「doodle」を交換し、また GPS の詳細なロケーションをシェアし、さらに音声通話も行うことができるものだ。(編集部註:doodle …同アプリで利用できる手書きのデータ。直訳すると『落書き』)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×