警察は令状なしで携帯電話を調査できるのか? 米国最高裁判所が決定へ~携帯電話から引き出された 2 つの事件の証拠(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.17(月)

警察は令状なしで携帯電話を調査できるのか? 米国最高裁判所が決定へ~携帯電話から引き出された 2 つの事件の証拠(The Register)

「逮捕後の令状なく、警察官が個人の携帯電話を調査できるようにすることは、甚大なプライバシーの侵害となるだろう。その行為は合衆国憲法修正第 4 条において不必要、かつ不合理である」と、電子プライバシー情報センター簡潔に記している。

国際 TheRegister
本日(編集部註:2014 年 4 月 29 日)、米国最高裁判所が 2 つの事件について討議している。それは、警察が令状なく市民の携帯電話を調査することができるかどうかを決定するものになるかもしれない。

この異なる 2 つの事件の被告、David Riley と Brima Wurie は、彼らの有罪判決が覆されるべきだと主張している。彼らの携帯電話が令状なしで調査されたにも関わらず、それらの電話から得られた証拠が裁判で利用されているためだ。

現状では、警察が逮捕のためにアイテムを調査する際、以下の 2 つの理由においてのみ、それを実行できることになっている:「法執行官の安全を確保するため」、あるいは「容易に破棄できる証拠を収集する必要があった場合」である。それらの理由において、警官は財布やアドレス帳などの個人的な所持品を調べることが許されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×