OpenBSD の創始者は、バグのある OpenSSL ライブラリを捨て、新たなものを作り出したい~Theo de Raadt にとっては、ひとつの Heartbleed の脆弱性が大問題(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.21(水)

OpenBSD の創始者は、バグのある OpenSSL ライブラリを捨て、新たなものを作り出したい~Theo de Raadt にとっては、ひとつの Heartbleed の脆弱性が大問題(The Register)

「LibreSSL」プロジェクトのメンバーには、気難しいことで知られる創設者 Theo de Raadt が含まれている。彼は OpenSSL が「信頼できるチームによって開発されたものではない」プロジェクトであると公に批判している。

国際 TheRegister
Heartbleed のバグの大失敗をきっかけに、OpenBSD プロジェクトのメンバーたちは、「より信頼できるもの」と彼らが語る新たなバージョンを作成するため、人気の OpenSSL ライブラリから派生した別の独立型を開発している。

OpenSSL はオープンソースのソフトウェアだが、その全体の開発コミュニティは結局のところ、世界のウェブにパニックを引き起こした非常に深刻なバグを、まる 2 年間に渡って見逃してきたということになる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×