個人情報が記載されたキャンペーンの書類を委託先が紛失(大阪ガス) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

個人情報が記載されたキャンペーンの書類を委託先が紛失(大阪ガス)

大阪ガスは、個人情報が記載された書類を紛失していることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
大阪ガス株式会社は4月17日、個人情報が記載された書類を紛失していることが判明したと発表した。これは4月15日に判明したもので、紛失した書類は「ダブル発電普及促進エコキャンペーン」に契約している顧客が、昨年1年間に獲得したポイントを交換するための申請書。同社は、同キャンペーンの申込・契約手続き、契約者の管理、ポイント交換申請書の受付業務を関西ビジネスインフォメーション株式会社へ委託しているが、委託先の事務所内で管理されていた申請書の内、100件分が事務処理の過程で紛失していることを確認した。

関西ビジネスインフォメーションでは、ただちに事務所内および考えられる全ての場所を確認したが、発見には至っていない。原因は調査中で判明していないという。紛失した申請書には、顧客の氏名、住所、電話番号のほか、ポイントを現金に交換した際の振込先である金融機関の口座名義、口座番号等が含まれていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×