TrueCrypt 監査:わざわざ行われた徹底調査で…いまのところバックドアは見つからず~暗号ツールはコード再調査のハードルをクリア(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

TrueCrypt 監査:わざわざ行われた徹底調査で…いまのところバックドアは見つからず~暗号ツールはコード再調査のハードルをクリア(The Register)

国際 TheRegister

クラウドファンディングによる TrueCrypt の監査の第一段階は、いくつかの脆弱性を照らし出したが、特に不適当なものはなく、またバックドアのようなものは、確かなところ何も見つからなかった。

オープン暗号監査プロジェクト(Open Crypto Audit Project、OCAP)による監査の実施を請け負った iSEC Partners は、このフルディスクとファイルの暗号化ソフトウェアのコードに 11 の脆弱性を発見したものの、「深刻度・高」に該当する問題は何も見つからなかった。最も重要な問題として確認された 4 つの「深刻度・中」の欠陥は、この 32 ページの監査レポート(PDF ファイル)の中で詳述されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×