米国が引き続きワースト1、日本が初のランクイン--スパム送信国(ソフォス) | ScanNetSecurity
2024.07.13(土)

米国が引き続きワースト1、日本が初のランクイン--スパム送信国(ソフォス)

ソフォスは、2014年1月から3月のスパム送信国ワースト12に関する最新のレポートを発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
ソフォス株式会社は4月21日、2014年1月から3月のスパム送信国ワースト12に関する最新のレポートを発表した。レポートによると、今回ワースト1位となったのは前回に続き米国で、総スパムの16.4%を占めた。2位には前回ランク外だったスペインが突如ランクインした。また今回、7位に日本(3.4%:前回13位)と8位にフランス(3.4%:前回15位)がランクインした。これは、同社がスパム配信国の配信量の統計を取り始めてから初めてのこととなる。

スパム配信量によるランキングは、1位が米国(16.4%)、2位がスペイン(5.0%)、3位がロシア(4.4%)、4位がイタリア(4.3%)、5位が中国(4.1%)、6位がドイツ(3.7%)、7位が日本(3.4%)、8位がフランス(3.4%)、9位がアルゼンチン(3.3%)、10位が韓国(3.3%)、11位がウクライナ(3.1%)、12位がインド(2.9%)となった。

人口比率によるランキング(カッコ内は一人当たりの配信量)は、1位がベラルーシ(4.5倍)、2位がウルグアイ(3.5倍)、3位がイスラエル(3.2米)、4位がルクセンブルグ(3.1倍)、5位がブルガリア(2.3倍)、6位が台湾(2.1倍)、7位がスペイン(2.1倍)、8位がバハマ(2.0倍)、9位がマカオ(1.8倍)、10位がルーマニア(1.7倍)、11位がマケドニア(1.7倍)、12位がアルゼンチン(1.5倍)となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×