「Deep Security」で移行が間に合わないWindows Server 2003を保護(トレンドマイクロ、日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

「Deep Security」で移行が間に合わないWindows Server 2003を保護(トレンドマイクロ、日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、トレンドマイクロのセキュリティ対策製品を用いた、Windows Server 2003向けの暫定的な脆弱性保護サービスを提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立ソリューションズは4月14日、トレンドマイクロ株式会社のセキュリティ対策製品を用いた、Windows Server 2003向けの暫定的な脆弱性保護サービスを同日より提供開始すると発表した。日立ソリューションズは、本サービス提供にあたってトレンドマイクロの総合サーバーセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security(Deep Security)」を採用し、顧客のサーバ環境や要望に応じた仮想パッチを適用する。

IDC Japanの調査によると、国内企業の68.3%がWindows Server 2003を利用している。しかし、マイクロソフトは2015年7月15日でWindows Server 2003のサポートを終了すると発表しており、企業によってはサポート終了後も一時的に使用しなければならない可能性も想定される。本サービスでは、トレンドマイクロの「Deep Security」を導入し、対象のWindows Server 2003から脆弱性が発見された際には仮想パッチを配信する。日立ソリューションズは、顧客のサーバ環境や利用状況を事前に確認し、重要サーバを個別にグルーピングした上で、その用途に応じた仮想パッチの独自の設定・チューニングを実施する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×