その技術なら、マレーシア航空 370 便を ID 詐欺から防ぐことができた~キーパッドセキュリティ搭載? 彼らは決して実現しなかっただろう(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

その技術なら、マレーシア航空 370 便を ID 詐欺から防ぐことができた~キーパッドセキュリティ搭載? 彼らは決して実現しなかっただろう(The Register)

「現在のパスポートは偽造するのが簡単で、また RFID チップを提供することは困難だ」と Cecil は語った。「パスポートの冊子の構成は、ビザを提示し、入国と出国の日付を記録するためのもので、ユーザーの身元を確認する目的で利用するべきではない」

国際 TheRegister
クレジットカードの「PIN コードによるプロテクション」を開発した男性が、盗まれたクレデンシャル情報が利用されることを困難にするための方法として、その技術をパスポートに拡張しようとしている。

PIN コードプロテクション(米国特許番号 6,340,116)を考案した人物、International Security の Kenneth Cecil は、来たる 4 月 2 日から 5 日、ラスベガスにて開催される International Security Conference トレードショーで、その技術をパスポートへ拡張するホワイトペーパーを発表しようとしている。

Cecil は、そのホワイトペーパー「RFID/Proximity Card with PIN Code Protection」の中で、スキミング等のリスクから保護するためにも彼の技術を利用することができると述べている。

パスポートの盗難に関する問題は、マレーシア航空会社 370 便の事件を背景として大きく取り沙汰されるようになった。その航空便では 2 人の搭乗客が、盗難されたパスポートをタイで利用したためだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×