その技術なら、マレーシア航空 370 便を ID 詐欺から防ぐことができた~キーパッドセキュリティ搭載? 彼らは決して実現しなかっただろう(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

その技術なら、マレーシア航空 370 便を ID 詐欺から防ぐことができた~キーパッドセキュリティ搭載? 彼らは決して実現しなかっただろう(The Register)

国際 TheRegister

クレジットカードの「PIN コードによるプロテクション」を開発した男性が、盗まれたクレデンシャル情報が利用されることを困難にするための方法として、その技術をパスポートに拡張しようとしている。

PIN コードプロテクション(米国特許番号 6,340,116)を考案した人物、International Security の Kenneth Cecil は、来たる 4 月 2 日から 5 日、ラスベガスにて開催される International Security Conference トレードショーで、その技術をパスポートへ拡張するホワイトペーパーを発表しようとしている。

Cecil は、そのホワイトペーパー「RFID/Proximity Card with PIN Code Protection」の中で、スキミング等のリスクから保護するためにも彼の技術を利用することができると述べている。

パスポートの盗難に関する問題は、マレーシア航空会社 370 便の事件を背景として大きく取り沙汰されるようになった。その航空便では 2 人の搭乗客が、盗難されたパスポートをタイで利用したためだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×