Cisco「モノのインターネット」セキュリティ最高指導者へのインタビュー~Chris Young に本誌が尋ねた「モノのインターネットを 19 兆ドルのハニーポットにしない方法」(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

Cisco「モノのインターネット」セキュリティ最高指導者へのインタビュー~Chris Young に本誌が尋ねた「モノのインターネットを 19 兆ドルのハニーポットにしない方法」(その 1)(The Register)

結局のところ、いまも個人がセキュリティの意識に対する責任を負っています。「すべてのセキュリティへの気配りを外部委託する、いくつかの方法がある」と推定してはなりません。自分の子供を育てるとき、あなたは「誰を疑うべきなのか」を教えるでしょう。

国際 TheRegister
多くの責務を抱えている Chris Young は、Cisco の役員でもあり、その役目として「セキュリティへの課題を先導しなければならない」という責任がある。Cisco Live! Australia の最終週、Vulture South(編集部註:The Register のオーストラリア拠点)は、「モノのインターネット」の安全化に関して Young に話を聞いた。
(編集部註:以下のインタビュー記事では、The Register による質問パートに、略称 El Reg を利用する)

El Reg:Cisco は「モノのインターネット」に 19 兆ドルの市場価値があると語っていました。では我々はどのようにして、それが 19 兆ドルのハニーポットになるのを防ぐことができるでしょう?

Young:我々が目にしている動向の大部分――「モノのインターネット」に関するリスクと課題の大部分は、結局のところ、社会のリスクと課題を反映している。それを認識することが大事です。私はサイバー攻撃とサイバーセキュリティについて考えるとき、「結局、人々は何をしているのか?」を考えます。

人々は金を盗んでいる、情報を盗んでいる、あるいは誰かの作業の妨害を試みている。それらすべては、我々が物質的な社会で目にしている問題で、それはちょうど、我々自身の属する「物質的な社会」のスケールでは考察できないだろうと思われ、推定されています。しかし結局のところ、あらゆる動機は人間によるものです。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×