クラウドサービス提供事業者が留意するべき情報セキュリティ対策を策定(総務省) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

クラウドサービス提供事業者が留意するべき情報セキュリティ対策を策定(総務省)

 総務省は4月2日、「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」を公表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 総務省は4月2日、「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」を公表した。

 クラウドサービス利用の進展状況等に対応するため、クラウドサービス提供事業者が留意するべき情報セキュリティ対策を策定した。

 このガイドラインでは、「クラウド利用者とクラウド事業者の間の役割と責任の分担」「ICTサプライチェーンを構成するクラウド事業者と供給者間の役割と責任の分担」にともなって発生する様々な問題に焦点を当てている。

 また、クラウド事業者が、クラウド利用者との接点において対応すべき実務は、「クラウド利用者による統制を確保するための実務」「技術的実装の選択」「クラウドサービス運用にあたってのコンプライアンスの確保」「クラウド利用者とのコミュニケーションにおける実務」「認証取得、インシデント対応、監査等にあたっての利用者ごとの資産・証跡の特定」の5つから構成されると定義。それぞれについての指針を作成している。

 ガイドラインは78ページのPDFファイルで、総務省サイトより閲覧・ダウンロードが可能。

総務省、クラウドサービス事業者向けにセキュリティ対策ガイドラインを公表

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×