日本、政府のサイバー防衛を強化するための新しい法案を準備~政府のシステムに対する攻撃は 30 秒に 1 回(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

日本、政府のサイバー防衛を強化するための新しい法案を準備~政府のシステムに対する攻撃は 30 秒に 1 回(The Register)

しかし、日本政府の勤務者たちは通常、数年ごとに新たな役職、および(あるいは)部署に移動するため、「どのようにしてサイバーの英知を機関内に維持するべきか」という課題に、NISC は現在も直面している。

国際 TheRegister
※編集部註:海外においてどのように報道されているかをお伝えするため、本記事は原文を忠実に翻訳しております。

日本の議員たちが、新しい法案を早急に準備している。その法案とは、「政府の情報セキュリティ機関が、オンラインの脅威に対処する際の能力」を大幅に削ろうとする官僚たちを、その機関がすり抜けられるよう設計されたものだ。

この提案された法案は、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)、および同機関の「政府機関情報セキュリティ横断監視・即応調整チーム(GSOC)」に、より多くの権限を与えるものであると、連合メンバーの一人は Japan Times に語った。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×