「@nifty」のログインにワンタイムパスワード認証を追加(ニフティ) | ScanNetSecurity
2022.06.30(木)

「@nifty」のログインにワンタイムパスワード認証を追加(ニフティ)

ニフティは、なりすまし不正ログインなどIDの不正利用対策の一環として、同社が提供するインターネットサービス「@nifty」のログイン方法にワンタイムパスワード認証を導入した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ニフティ株式会社は3月24日、なりすまし不正ログインなどIDの不正利用対策の一環として、同日より同社が提供するインターネットサービス「@nifty」のログイン方法にワンタイムパスワード認証を導入したと発表した。今回導入するワンタイムパスワード認証は、PCやスマートフォンのWebブラウザ上のログイン画面で、@niftyユーザ名または@nifty IDと、従来のパスワードによる認証を行った後に、自動的に発行される1回限り有効な使い捨てパスワード(ワンタイムパスワード)を入力して行うもの。

ワンタイムパスワードは、同社が提供する専用のスマートフォンアプリ(iOS・Android対応)、またはユーザが設定したメールアドレスで受け取ることができる。万一、第三者に従来のパスワードを知られてしまった場合でも、ワンタイムパスワードがないとログインすることができないため、IDの不正利用を防止することができる。なお、一度ワンタイムパスワード認証を行った端末は、次回以降ワンタイムパスワードの入力を省略することもできる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×