マレーシア航空 370 便の謎:The Register の独自ガイド~あなたの考察の材料となる、いくつかの技術的視点(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

マレーシア航空 370 便の謎:The Register の独自ガイド~あなたの考察の材料となる、いくつかの技術的視点(その 1)(The Register)

「もし万が一、彼らが『同じ計画』の下に行動していたのであれば、望むだけの燃料を満たすことができる。つまりタンクの限界まで燃料を積むことができる。それは彼らに 13 時間から 14 時間ほどの滞空時間を与える」

国際 TheRegister
【分析】
さて、消えたマレーシア航空 MH370 便の、不可解な事件に関する話をしよう。基本的に我々は――「そのジェット機は携帯電話を使ってハイジャックされていない」と指摘したことを除いて――この話題と距離を置いてきた。しかし、もちろん我々は、これまで見出してきたものについて様々な調査を続けてきた。そして、その成果が何もなかったというわけではない。

では、そろそろ我々も話題を提供しよう。我々の中には航空に少々詳しい者がいる(パイロットのライセンスを保有する程度に)。また我々の中には、ナビゲーション理論に少々詳しい者もいる。また一部の者たちは、人工衛星やワイヤレスデータ全般について少々の知識を持っている。さらに我々は、偶然にも、ボーイング 777 機の操縦経験が豊富な航空会社のパイロットを知っている。彼らのおかげで我々は、衛星追跡や 5,000 フィート以下での飛行などといったものに関する、数多くの誤解を招くような報告書に取り組むことができた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×