誤って上書きされた個人情報ファイルを求人情報メールに添付(東京都) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

誤って上書きされた個人情報ファイルを求人情報メールに添付(東京都)

東京都は、公益財団法人東京しごと財団が運営する東京都しごとセンターにおいて、同センター利用者に対して、別の利用者の個人情報を誤ってメールで送信する事故が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東京都は2月26日、公益財団法人東京しごと財団が運営する東京都しごとセンターにおいて、同センター利用者に対して、別の利用者の個人情報を誤ってメールで送信する事故が発生したと発表した。これは2月24日夕方、東京都しごとセンター・ミドルコーナーの雇用就業支援業務を委託している株式会社パソナの担当者が、5名の利用者に対して求人情報を添付したメールを送信しようとしたところ、誤って別の12名の利用者の氏名、メールアドレス、利用者登録番号のリストを添付して送信したというもの。

パソナの担当者は15時12分に営業職の求人情報を120名の利用者宛てに、15時18分に事務職の求人情報を180名の利用者宛てに、それぞれ一斉メール送信を行った。その後、利用者送付リストを作成していた別のパソナ担当者が、誤って共有フォルダに保存されていた事務職の求人情報のexcelファイルに、利用者送付リストを上書き保存してしまった。16時00分に就職支援アドバイザーから追加で送信依頼をされた方3名、16時03分および16時44分にアドレス相違により送信不能だった各1名、計5名の利用者に対して、担当者が事務職の求人情報のexcelファイルを再送信したが、このときすでに中身は利用者送付リストに置き換わっていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×