MSP向けプログラムを拡充、従量課金による提供を開始(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.12.01(水)

MSP向けプログラムを拡充、従量課金による提供を開始(マカフィー)

マカフィーは、米McAfee, Inc.によるリリースの抄訳としてマネージド サービス プロバイダ(MSP)プログラムの拡充を実施すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マカフィー株式会社は3月3日、米McAfee, Inc.によるリリースの抄訳としてマネージド サービス プロバイダ(Managed Service Provider:MSP)プログラムの拡充を実施すると発表した。これにより同社は初めて、製品を従量課金ベースの提供モデルでMSPに提供し、同社製品の活用メリットを高める。なた同社のMSPパートナーは、ビジネス上のリスクを大幅に低減できるとともに、ユーザのメリットを向上させた幅広いマネージド セキュリティ サービスを提供できるようになるとしている。

同社のMSPプログラムには、「McAfee Next Generation Firewall」「McAfee Enterprise Security Manager」「McAfee Network Security Platform」「McAfee Advanced Threat Defense」が含まれており、さらに今後も対応ソフトウェア製品を拡大していく。同社ワールドワイドチャネル担当シニア バイス プレジデントのギャビン・ストルーザーズ氏は、「セキュリティ導入に関する市場トレンドに対応し、当社の顧客やチャネル パートナーのニーズを満たすために、MSPプログラムを引き続き発展させている。当社のMSPプログラムに新たな技術を導入することで、パートナーはさらなる収入機会を創出できるとともに、自社のポートフォリオを拡大して他社との差別化を図ることができる」と述べている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×