トランザクション展性問題、MtGox の荒廃で行き詰る Bitcoin トレーダーたち~トラフィックの洪水は多くの取り引きを停止させたが、ネットワークのリスクはそれほど重大ではない(The Register) | ScanNetSecurity
2019.11.13(水)

トランザクション展性問題、MtGox の荒廃で行き詰る Bitcoin トレーダーたち~トラフィックの洪水は多くの取り引きを停止させたが、ネットワークのリスクはそれほど重大ではない(The Register)

トラフィックの洪水は頭痛を引き起こすものではあるものの、この問題の結果、Bitcoin コミュニティ全体は、より堅牢で安全になりつつあるようだとBlockchain セキュリティのボスは考えている。

国際 TheRegister
要塞化していた取引所、MtGox に開けられた「トランザクション展性(transaction malleability)」の抜け穴を狙った多くのトランザクションが発見され、BitCoin サービスのプロバイダたちは現在、システムの修復と欠陥への対応に取り組んでいる。

(Bitcoin の)取引所 Bitstamp は、トラフィックの洪水に対処する間、一部の取引を一時的に停止すると語っている一方で、Bitcoin インフォメーションサービスの CoinDesk は、多くの取引所で分散型サービス拒否(DDoS)が減速していると報告した。

ここで問題となっているのは、特定の取引所(MtGox など)において、すでに終了した処理を未処理のものに見せかけ騙すことができる「トランザクション展性」の問題に関連した(関連していると思われる)急襲攻撃の試みだ。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×