NASのアクセス制限設定の不備で学生などの個人情報が検索可能な状態に(筑波大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.27(金)

NASのアクセス制限設定の不備で学生などの個人情報が検索可能な状態に(筑波大学)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

筑波大学は2月19日、同大学の学生や教職員などの内部情報が一定期間検索サイトで閲覧可能な状態になっていたことが判明したと発表した。これは1月16日、同大学の事務担当者が検索サイトで内部情報の流出を発見したもの。同担当者はデータ流出が懸念されていた事務室内のNASのケーブルを外し、検索サイトに対してキャッシュデータの削除を要請した。

1月23日に学生より検索サイトで自分の情報が見えているとの申し出があり、その検索情報から事務室で使用しているNASからのデータ流出が他にもあることが確認された。このNASに適切なアクセス制限が施されていなかったことが原因だという。なお、検索サイトのキャッシュデータは1月26日までに削除を確認している。検索サイトで閲覧可能になっていた情報は、約450名の学生や教職員などの内部情報。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×