ビッグデータ分析用のパーソナルデータ匿名化システムを開発(NTT) | ScanNetSecurity
2020.10.21(水)

ビッグデータ分析用のパーソナルデータ匿名化システムを開発(NTT)

NTTは、ビッグデータ分析に用いられる個人に関する情報を、高度にプライバシーを保護したまま、分析データの利用価値を高いままに加工することが可能な匿名化システムを開発した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電信電話株式会社(NTT)は2月7日、ビッグデータ分析に用いられる個人に関する情報を、高度にプライバシーを保護したまま、分析データの利用価値を高いままに加工することが可能な匿名化システムを開発したと発表した。これはNTTセキュアプラットフォーム研究所が開発したもので、パーソナルデータを保有する事業者向けのソフトウェアとなる。匿名性と有用性のトレードオフをバランスさせk-匿名性を満たした上でデータの有用性が損なわれにくい匿名化データを得ることができる特徴を持つ。

k-匿名性を確保する匿名化処理として「削除」「一般化」、およびNTTが独自に開発した「Pk-匿名化」を備え、データの種類や分析目的に応じて使い分けができる。「削除」は頻出データの分析に、「一般化」は全体傾向の把握に、「Pk-匿名化」は「長いデータ」の分析に有用。本システムは、NTTグループを通じて今後半年以内を目途に、パーソナルデータを保有する事業者様向けに、ビッグデータ分析支援のソリューションの一環として提供する予定としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×