DNS キャッシュポイズニング攻撃が、中国の数百万のトラフィックを誤りに導く~朝のアクセス不能、ISP は未特定の攻撃を非難(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

DNS キャッシュポイズニング攻撃が、中国の数百万のトラフィックを誤りに導く~朝のアクセス不能、ISP は未特定の攻撃を非難(The Register)

この、完全に解決されるまで 12 時間かかる可能性のあった問題の原因として、考えられる理由の少なくとも一つは「ハッカーによる攻撃」だったが、それはすぐに明確とはならなかった。

国際 TheRegister
火曜(編集部註:2014 年 1 月 21 日)、広範囲にわたる DNS サービスの停止が中国を襲い、大勢のネット閲覧者はあてもなく彷徨うだけとなった。

午前 7 時から 午前 9 時(GMT)にかけて中国で発生した DNS の問題は、数百万のドメインをアクセス不能にした。このキャッシュポイズニング攻撃から生じた事件によって、中国の DNS インフラの 3 分の 2 は荒廃した。

この大事件の結果として、中国のネット市民たちは、ウェブサイトを訪問することも、ソーシャルメディアやインスタントメッセージのサービスを利用することもできない状態に陥ったと、香港に拠点を置く South China Morning Post は報じている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×