Angry Birds が、あなたの性的な秘密を GCHQ、NSA に晒す――新たな主張~無害なアプリは偶発的に、あなたの人生のすべてを諜報機関に語った(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

Angry Birds が、あなたの性的な秘密を GCHQ、NSA に晒す――新たな主張~無害なアプリは偶発的に、あなたの人生のすべてを諜報機関に語った(The Register)

国際 TheRegister

世界で最も人気のあるスマートフォンのアプリケーションのいくつかは、英国と米国の諜報機関に、あなたのすべてを語っている――あなたの居場所から、あなたの政治的見解、あるいは、あなたが性に奔放なタイプかどうかまで。

これは NSA の内部告発者 Edward Snowden が漏洩した機密文書による情報である。

ProPublica と The New York Times が本日(編集部註:2014 年 1 月 27 日)公開した書類は、2007 年、米国の NSA と英国の GCHQ がスマートフォンのエクスプロイトのために共に働いたことを明らかにしている。それは初代の iPhone がリリースされた年でもある。この年以降 NSA は、このようなモニタリングのための予算を 2 億 400 万ドル(編集部註:約 210 億円)から約 4 倍の 7 億 6,700 万ドル(編集部註:約 780 億円)に引き上げている。

ほどなくして NSA がまとめた極秘レポートは、Google のマッピングアプリケーションを利用する携帯電話から、同機関が非常に多くの情報を集めたことについて、「Google のデータベースのクローンを作成することが可能になるだろう」と豪語していた。また英国の諜報機関は 2008 年、「スマートフォンで Google Maps を利用している者は、誰もが GCHQ のシステムの支援に取り組んでいる」と報告した。

NSA が 2010 年 5 月に行ったプレゼンテーションによると、貧弱なセキュリティで保護されたモバイルアプリは「金塊(golden nugget)」であることが証明されているという:公共ネットワークを経由し、(それらの)アプリケーションが送信するデリケートなデータを収集する作業には特に問題がなかったものの、分析者たちが個人の記録を簡単に引き出せるようにするために、同機関の データベースXKeyscore 内で、傍受したそれらの情報にタグ付けをする作業には少々手こずったという。また同じ年、英国の分析者たちは、スマートフォンに対するスラーピング技術の向上を「モバイルサージ(mobile surge)」と表現し、イラク、アフガンに対する米国軍と同盟軍の共同作戦とそれとを比較した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×