Windows の ATM を襲いたい? それならハンマーを捨てて USB スティックを使え~「今度こそ銀行は引き締めるかもしれない」情報セキュリティ屋は空しい望みの中、ハッキングを再び実証(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

Windows の ATM を襲いたい? それならハンマーを捨てて USB スティックを使え~「今度こそ銀行は引き締めるかもしれない」情報セキュリティ屋は空しい望みの中、ハッキングを再び実証(The Register)

国際 TheRegister

現実社会で、USB スティックを利用した一連の攻撃により、キャッシュマシンが空っぽになった。この事件は 3 年前、セキュリティ研究者 Barnaby Jack が初めて実証したエクスプロイトを思い起こすものだ。

サイバー詐欺師たちは、起動可能な USB スティックを利用し、侵害された ATM にバックドアを仕掛ける性質のマルウェアを作り上げた。この詐欺師たちはシステムにパッチが当てられる前に USB ポートへアクセスするため、ATM のプラスチックシャーシに穴を開け、彼らの不正操作が発見されることを避けていた。

USB デバイスが適所に取り付けられると、その ATM は再起動され、マルウェアが自動的にインストールされる可能性がある。この悪性コードの利用は通常、エンジニアリング診断法のための機能として限定されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×